​船橋の住宅
Project no.12  (2019年4月竣工)

設計担当:Desiner

設計補佐:Assistant

設計期間:Designe Date

工事期間:Const. Date

工事内容:Construction

用途  :Principal Use

構造  :Structure 

敷地面積:Site Area

床面積 :Floor Area

敷地  :Building Site

構造設計:Struct Design

施工会社:Constructor

要望内容:Demand

​田村 匡將

坂本 拓磨 (家具職人)

2018年03月~10月

2019年01月~3月

増築+改修

住居+庭園

木造+組石造

804㎡ (242坪)

232㎡(70坪)

​千葉県

ttt Design Partner

(株)持井工務店

1.機能的で心地いいキッチンの設計

2.明るくて広いリビングとダイニング

3.暖かくて掃除のしやすい水廻り

40年前に建築家が設計した邸宅を増改築し、定年退職後の新しい住まいとしてリノベーションする計画。

昔、建築家が設計した​各所に思いやりのある建築物や、使い続けた家具など、寄り添ってきた生活空間を受け継ぎつつも、新しい暮らしを施主の今後の住処として再計画するために、現代性のある落ち着いた邸宅に生まれ変わらせようと心掛けました。

仕上げは、木の無垢材や漆喰などを使い自然体の優しい質感としました。住宅の中心にトップライトや中庭からなる、光と自然が溢れる空間とし、日々の暮らしが日光と寄り添って営むように提案し、快く受け止めて下さいました。

 

また、バリアフリーや断熱性能、照明の明るさ、スイッチの位置までも丁寧に設計することで、お施主さんのこれからの生活をケアできるよう工夫しています。

リノベーションによる古今折衷の空間化を図ることで、思い出と過去の時間を壊すことなく紡ぐことで、時の流れを大事に扱い、設計しました。

そして、施主のオリジナルの居心地を創り出すことが出来ました。(田村)

GALLERY

​下の写真をクリックすると説明などがご覧にいただけます

© 2016 by Tadamasa Tamura Architect Studio & ttt design partners